http://www.bdw.jp/

バドワイザーをおいしく飲む!

バドワイザーをおいしく飲むための7つのポイントとは?

①よく冷やして飲むこと!
ビールは通常4~6℃に冷やして飲むと美味しいと言われていますが、バドワイザーは軽快なアメリカンビールになります。
なので、もう少し冷やして、2~3℃位にしてみてください。バドワイザーならではのうまさが一層引き立ちます。

②ビンで乾杯をしよう!
アメリカ映画などでバドワイザーを飲む時、その姿は“ビンから直接”飲んでいます。
缶やグラスで飲んでももちろん美味しいのですが、たまには片手にビンを持ち仲間と乾杯。これぞまさにバドワイザースタイル。

③フルーティーな香りを楽しもう!
この言葉だけだとワインを連想してしまうと思いますが、驚くなかれバドワイザーはとってもフルーティーな香りがするビールななのです。
バナナ、パイナップルといった様々なフルーツのさわやかで甘い香りを持っています。これもバドワイザーの人気の秘密と言えるでしょう。
その香りを飲む前に楽しんでみてはいかがですか。

④おいしいビールとグラスの深い関係
おいしいビールに欠かせないものと言えば清潔なグラス。グラスの臭いや汚れがあることによって、ビールの風味を損なってしまい、さらに油類が付着していると、大事な泡を消してしまうのです。
だから、グラスは流水でよく洗い、臭いがつかない所でよく乾燥させて清潔さを保ちましょう。
もし、洗剤がグラスに残っていた場合、それはビールの泡立ちが悪くなってしまうので注意しましょう。

⑤日光に気を付けて!
ビールを日光の当たる場所に置いておくと、日光臭と呼ばれるひなたの匂いがついてしまいます。 そのため、ビールはできる限り日光の当たらない場所で保存してください。

⑥鮮度が命!
ビールを理想的な場所に保存していたとしても、時間が経つにつれて少しずつ味が変わってきてしまいます。なのでビールは鮮度のいいうちに飲みましょう。

⑦泡を大切に!
ビールの上手な注ぎ方というのは、泡をうまくつくること。グラスに注ぐ時、始めはゆるやかに注ぎ、しだいに勢いよく注いでください。
そして、きれいに泡ができ始めたらその泡を持ち上げるようにして静かに注ぎましょう。ビールにとって泡というのはおいしさを守るための蓋代わりなのです。
ビールの中から逃げ出そうとする炭酸ガスをおさえ、また、空気とふれあってビールの味が落ちるのを防いでくれます。
さらに、グラスの泡は飲み干すまで消えないようにすることが、おいしく飲むコツです。

おすすめ情報

[PR] クラウドソーシングならこのサイト!
[PR] i2iPointならポイントで稼げる!
[PR] ダイビング器材をお探しならこちら!

ページのトップへ戻る